住宅ローン対応火災保険

住宅ローン対応火災保険とは

住宅購入と住宅ローン


銀行は住宅ローンの融資期間中は借り主の住宅が火災等の事故で焼失した場合でも担保が減少したり、無くならないように、融資期間の全期間カバーする火災保険に加入する事を条件としている場合があります。

住宅ローンは通常は20年や35年といった長期のケースが多く、融資期間の全期間をカバーする事ができる保険期間が長期の火災保険を住宅ローン対応の火災保険と呼ばれている場合が多い様です。
一般的な住宅ローン対応の火災保険 ※質権を設定しない場合
昨今では、マンション等の区分所有建物や土地付きの一戸建て住宅を住宅ローンで購入した場合でも質権を設定しないケースが増えてきています。

具体的には融資を受ける銀行の指示に従って火災保険に加入する事になります。 銀行が火災保険の加入に際し提示する条件は大きく分類すると下記A〜C の3通りになります。
A 融資期間の全期間をカバーする火災保険を長期一括払いで契約する
B 保険期間は特に指定されず、火災保険に加入さえすればいい
C 火災保険の加入は任意
上記A〜Cをご確認して頂き、A,Bの場合は銀行に指示通りの火災保険に加入した証明として申込書お客様控えや保険料振込控え等の書類を提出するのが良いでしょう。

B,C の場合でも 長期火災保険ノメリットである割引の適用を受ける為に、長期一括払いでの火災保険のご契約も可能です。
※保険会社によりましては住宅ローンの期間を上回ってご契約できない場合があります


サイトトップ
ご契約に必要な書類
住宅ローン対応火災保険とは
長期火災保険のメリット
質権を設定する場合
お問い合わせ


▲ページのトップへ
取扱い保険会社

取扱保険会社

(c)住宅ローン対応火災保険

当社運営サイト 火災保険 見積もり AIU 火災保険 個人年金 終身年金 法人 医療保険 留学保険 海外旅行保険